🥇

Help_プロジェクトを適切に進行させたい

プロジェクトを適切に進行させたい

 
MeetingBaseは、プロジェクトの会議で利用することができます。
「継続」の議題を引き継ぐことで、議論の抜けもれを無くすだけでなく、次回会議の事前準備を最小限にすることも可能です。
 
💡
この記事で想定しているユースケース
  • 会議で決めることが多く、進捗がわかりづらい
  • 定期的に開催されているプロジェクト会議で議論を進行させたい
  • 議論が発散してしまい、本来話したい議題に時間を取れない
 

会議前

 
  1. 議題を「新規追加」して、相談したいこと・決議したいことを事前に記載しておきます
 
 

会議中

 
  1. 会議が始まったら、今日議論する議題を確認します。 会議時間に対して議題が多い場合や、優先順位がある場合は、「議題の並べ替え」をしましょう。

  1. 上から順番に議論していきます。 ファシリテーターは、「議題の作成者」を確認して、作成者に議論を振るとスムーズな会議進行が可能です。
 
 
  1. 議論の中でタスクが発生した場合は、タスクを入力して、期限・担当者を設定します
 
タスクの設定方法についてはこちら
タスクの設定方法についてはこちら
 
 
  1. 議論が終わったら、ステータスを変更します(継続/完了)
 
ステータス変更の詳細はこちら
ステータス変更の詳細はこちら
 
  1. ステータスを変更したら、議題の横にある 矢印をクリックすると次の議題に移動することができます
 
 
 
 

会議後

 
会議が終わったら、「継続」の議題を次回の会議に引き継ぎます。
議題を引き継ぐことで、次回会議の事前準備の時間が最小化でき、議論の抜けもれを無くすことができます。
 
 
  1. 「会議を終了」をクリックします。そうすると、その時点の議事録のログが残ります。
 
  1. 引き継ぐ議題を確認して、会議を終了する
 
※議題ステータスが「完了」の場合、引き継ぎの候補に表示されません。
(議題ステータスについてはクロージングイベントで会議を振り返ろうを確認してください)
 
 
  1. 次回の会議に議題が引き継がれます
 
 

過去のログが見たい

 
  1. ヒストリー」をクリックすると、過去にどの会議でどこまで記録がされたのか、ログを確認することができます
 
 
 

関連記事

 
 
 
 

 
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください 🚀